インドエステの痩身効果と体験口コミ情報

アーユルヴェーダの思想

アーユルヴェーダは3000年以上も前に古代インドで発生した伝統医学。
サンスクリット語の「アーユス=生命」「ヴェーダー=知識」の複合語です。


アーユルヴェーダでは、この宇宙は、空、風、火、水、地の5元素から構成されていて、小宇宙である人体も、
同じ組み合わせからできていると考えます。
そして鉱物、植物、動物、人間、環境世界は5元素の中の3要素を持っていて、
人はその3元素の強さの違いが性格や体質の差になっているとします。


3元素(ドーシャ)は、風(空)の性質を持つヴァータ、火の性質を持つピッタ、水(土)の性質を持つカパです。
ドーシャは、1日、1年、一生の中で変化します。また食べ物や行動などでも変化すると考えられています。


アーユルヴェーダが考える健康とは、肉体、心、魂が調和に満ち、5つの感覚器官、運動器官が活発に機能している状態、
プラサンナ(喜んでいる状態)でなければ、真に健康とは言えないとされています。


インドでは、古代から生活の中に存在してきた知識、医学であるアーユルヴェーダ。WHO(世界保健機構)にも認められ、
正式に奨励されています。
またこの思想は、チベット医学や古代ギリシア、ペルシアの医学等にも影響を与えたといわれており、
インド占星術とも深い関わりがあるとされています。